忍者ブログ
■Yamamoto Entertainment Project 山本 悠のOfficial Blogです。
[285] [282] [281] [277] [271] [262] [256] [255] [254] [244] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はい。お久しぶりの木村です。

それにしても、木村なんて名乗るの久しぶりですね笑
最近じゃ、いろいろと交友関係も広がって、木村って名乗ることにやや躊躇してしまいがちですが・・・・

そもそも、本名を公表している以前に、前面に押し出して活動している・・・・つもりなので、
HNというものの意義が消滅してるんですけどねww


でもやっぱ、古参の友達ブロガーには浸透してしまっているし、
ネット社会に生き始めたころから「木村」だったことを考えれば、やっぱり思い入れもあるし。

初心忘るるべからずっ・・・てか?笑

まあ、ちょっと違うけど。


なんだかんだで、木村であることを未だにやめられないんですよね。









木村。








この、一見凡庸すぎる名前。
ぶっちゃけ本名でもおかしくないくらいなのに、実際には、まったく関係がないって言うww


まあ本名も十分凡庸ですけどね。



でも・・・・








これからは、「田中」でもいいかもしれない・・・・
















そんな風に思えた、とても素敵なライブでしたwwwww















ええ、そうです。

まあ細かいことは、いつものように動画をYoutubeにこさえておいたので、
そちらを見ていただけたらいいとおもうんですが、

11/14のY・E・P Hard Rockの初ライブ。



まあ、大成功といっても差し支えないでしょう!!!!














ええ。

すっごく楽しかったです☆





ロックのライブをするのは、実に約1年ぶりで、

爆音の中で、フルにステージを動き回って、シャウトして・・・・・
沸き上がるオーディエンスのみんなに、手を振って、握手して・・・・













もう、最高にアドレナリンが出たねwwwww
















夏と違うのは大いにそこかな。

夏のときは、全体としてのショーをいかにして成功させるか・・・・とか、
時間とお金の関係、
集客率、そして自分のスタミナを最後まで持続させなきゃいけないこと・・・・云々。


と、まあ。
考えることが多すぎて、実は半分くらい頭はパンクしてたんだけど、
結構、自分のプレイとしては比較的クレバーにこなしたところがあるんだよね。


いや、たしかにビデオ見ても、
明らかに俺1人浮いてるじゃんって言うくらい(これも夏のライブの反省点の一つではある)、
動いちゃいるんだけど。


多分、頭の3割、自分以外のこと考えてんだよな。たしか。




もちろん、夏のヤツも今でも何度か見返して、楽しんでるくらいに俺はお気に入りではあるんだけどね。
俺、何周したのか最早わかんないもんwww


あの3時間半を感じさせない流れは、最早天才でしょ?とかさww
あいつ、やってくれるなwwwとか。


でも確かに自分は、ノーミスに近いプレイをしたかもしれないが、
山本悠にしてはソウルフルではなかったのかもしれない・・・・という、解釈をしている。





それに比べ、今回は・・・・・














もう僕は、自分のことしか考えてなかったですからねwwww


















だって彼らは勝手になんとかしてくれますからww

そりゃ、音作っていくときはそれなりに色々注文したりはしますけどね。



とりあえず自分たちの持てるポテンシャルで遊ぼう!というスタンスで
Y・E・P Hard Rockはやってますからww




とにかく、自分の持てるだけの力を出した、ということですかね。

結構、バランスもよかったんじゃないですか?
V G B Dといったシンプルなメンバー設定にしたのがよかったのかもしれないね。

個性がぶつかり過ぎないという意味でも。





ええ。
凄く楽しかったです。

コレだからロックのライブはやめらんねえよな、おい。








まあ、コンディションの意味合いで言えば、100点ではなかったですけどね。

片耳聞こえなかった夏よりゃマシだけど、そんなの情けない話だけどね。
本番に、100%の自分持って来れないっていうのは・・・・

2日前の夕飯がカレーだったのが少しよくなかったのかもしれない・・・・



でもまあ、85点くらいですか?
ええ。そんなに目立つミスもないですよ。

ちょっと足りないな・・・・とか、ちょっとしたところのミスがチラホラあるけど、
まあライブ補正で・・・ってなところです。

オリジナルをやったときに、ちょっとゼエゼエ気味で歌詞が全く出てこなかったのと、
イマイチ綺麗に表現できなかったって言うのは確かに重罪ですけど・・・・




ピアノはね。

まあ最後、盛大にコードミスりましたけどww
でもまあ、OPEN ARMSのイントロ、そこだけ2時間練習した甲斐はあったかな?ってなところですか?笑


何をかくそう、あのジュリオ松梨兄さんに、
ピアノ普通に上手かったやんって言われたのが、最高に嬉しかったんですけどねww

はっはっはっはっはww




一番納得言ってないのがハーモニカかも知らんな。

しっかり温めたはずなのに、ちゃんと音が出ないって言う・・・・・


正直、詰まってたからね。あれ。
カラオケでは一度もあんなことないのになぁ・・・・・







Vabo入潮は、実はライブ後落ち込んでたんだけどね・・・・

その日のスタ練が最高に調子よかったからさぁ笑
リーダーとしてはちゃんとライブ前に一緒にいて、心のケアをしてあげるべきだったんでしょうかね・・・・

もう、一人で勝手にほっつき歩いてましたからね僕はww 最低ですよww


でも確かにちょっとしたコードストロークのミスとか、
あいつギターソロ全部アドリブだから、思ったようにメロディ出てこなかった・・・とか、
たしかに、ミスは幾つかあったけれども、

彼は、間違いなく、Y・E・P Hard Rockのギタリストとしてふさわしいパフォーマンスをしてくれました。

背面弾き、歯弾き、それに加え時間稼ぎ(主にワシのため・・・)のためのちょっとした小ネタや、
ライブ前の一発ギャグ、そして俺との絡み。


実に素晴らしかった。



何よりもやっぱりあれかな。
肩を組みにいけたって言うのが一番嬉しかったかな?

M氏は俺が半径1m以内に近づくと、いっつもミスしてたからww
何か緊張するんだってさww



てか、Vabo入潮、人前でギター弾くの始めてだったらしいわ(・_・)












そうそう。

今回やった、初オリジナル曲を作ったのも彼ですからね。



そりゃ編曲はみんなでやったし、俺もメロディと構成と歌詞はやったけど、
俺がはじめて聞いたときには、各セクションセクションのギターバッキングは、
殆ど完璧に出来てましたからww

何かノリ一発で録ったって言うデモ音源。殆ど弄ってないからねww


いやぁ、オリジナルもウケて良かった。
これに関しては後でまた言いますけど。






瀬越に関しては、もうヤラレタね。

やっぱ何とかなるんだよ、こいつはww




初スタジオ練習から、たった12日にしてのステージ。

正直、水曜くらいまではかなり不安要素だらけだったんですけど、
オリジナル曲のリズムキープもかなりままなってなかったし・・・・

でもなんか知らんけど家にドラムなんかないくせに、木曜の時点では殆ど出来てて、
本番ならではの興奮からによる走りとか、フィルインの度忘れとかあったにせよ、

あらまあ。最早普通にドラマーしてました。
なんちゃってドラマーなんかじゃなしに・・・・

ちゃんとグルーヴしてたもんな。



てか、なんでバスドラを普通に踏めているのか俺にはさっぱり理解できなかったわけですが・・・・


ホントに・・・なんで???(・_・)





まあ身内を褒めすぎるのもよくないか。

でもホントに、ドラマーを彼にして良かったと思ってます。









吉田に関しては、今更って人もいるかもしれないけどね。

でもまあね。
あいつ、かなり上手くなったよ。


実はあいつ、去年の冬くらいまでは、結構弾けてないとこもいっぱいあったからね。
でもどうやら今年の夏くらいからね。

なにやらいつの間にか万能ベーシストになっていてだな。


まあ音色へのこだわりはむかしっからそうなんだけども・・・・
Immigrant Songにしたって結構、ベース難しいと思うんだけど、どうやら普通に弾けてるし、

オリジナル曲だって、楽譜も作ってないのに、「ああ、これをやればいいのね」とか言って、
次の日には合わせて弾けるようになってたし。

結構ドラム編曲はみんなで一緒にやったところがあるけど、ベースはもう完璧にお任せでしたからね。
あのAメロの感じは、なかなかに吉田やるなと思ったね。


うん。
ただ、いかんせん音が小さいのは何事かって言う・・・・・

特に練習の時ね・・・・



あと俺が言うのもなんだが、遅刻はやめなさいwww

俺は本番のリハに遅刻してくるヤツをはじめてみたぞ、まったく・・・





でも吉田もどうやらカルト的に人気があるみたいなんでね。

確かにあれで顔立ちは整ってるし、スタイルはいいからな。(あと、生活能力・・・)



とりあえず俺は、あいつを口説き落とせた子がいたら俺はその子を崇拝するよ・・・・

ちなみにライブハウスにおったおっさんも、吉田の持つベースに興味津々でしたね。
「あれはいい品ですよ~!!」とか言って、鼻息荒くしてましたね。

まあそのとき既に吉田は家に帰ってたんですけども・・・・(汗)





メンバーに関してはそのくらいかな。

1曲1曲解説してもいいんだけど(裏話とか・・・)、ちょっと野暮ったいしな、
その辺は自分たちで聞いて、自分たちなりに解釈してくれたらいいです。


でもやっぱジョニービーグッドで盛り上がってくれたところには、オーディエンスのセンスを感じましたね。
そしてやはり、チャックベリーは偉大だなぁとも笑


オリジナルもウケて良かった。
なかなかに勢いがあって、雰囲気があって、わかりやすくて。

結構いい感じでしょ?


Tonight......(it is a date with you...)


これからも何回かやることになるとは思うんで、
是非皆さん覚えて、ノってやってください。

歌詞はね。

いかんせん、本番ではろくに発音できませんでしたからね。
何ともいえないとは思いますけど、かといって、
ここにバーンと載せるほどの度胸はないですねwww




いや、今更お前自分の書いた歌詞やら詩やらを載せるの恥ずかしがるようなタマじゃねえだろ、
って思うかもしれんけどだな・・・・


何せ今回は、初めて全部英語で書いたわけなんだな。



ということはさ・・・・
文法のミスとかあったら、すーーごく恥ずかしいわけじゃんか・・・・・

それで出てくる単語も、殆ど同じようなものばかりだし、
とにもかくにも、吾輩は恥ずかしいのだよ。はっはっはwww



まあ内容はね。
結局これは、デモ聞きながら仮歌アドリブで録ったときに、
とっさにパッと歌ったでたらめな英語を濾過して、出てきた散文から連想して、
ストーリーを作っていったわけなんだけれども。

まあまあ結構、ロックな感じ笑

なんだろな。
ちょっと俺のイメージとは違うかもね。

男はデート中に女の子にフラれかかっていて、
それをあの手この手で説得するんだけど。

その内容がさ。

「お前の言おうとしてることはまやかしだよ。君は嘘をつくときいつも少し声が変わるんだぜ?」

「お前が俺とずっとに一緒にいたいこと、俺は知ってる。お前は正直じゃない。でも、愛しくて、孤独な女だ。」

みたいなそんな感じwww


でも一見、男有利に話が進んでいってるようにも見えるけど、

詞に反して、曲の方はどんどんエスカレートして言って、メロディも高く、悲痛な感じになっていく。

結局俺は、最終的な判断は聴く人に委ねる事にした。


この男は果たしてフラれたのか、それとも復縁したのか。

まあ、普通に考えたらフラれてるような気がしますけどねwww


そういう深い内容ですけどね。

だから訳詞版は実は結構気に入ってますね。






さて。

そして、何よりも書きたいこと・・・・・・・のわりには結構引っ張りましたけどねww

それがお客さん。







今回、お客さんのノリが非常によかった。
掛け合いとかも結構歌ってくれてたし☆☆☆

まあ会場の雰囲気とか、曲の内容とか色々あったと思うけど、
確かに、呼んでた人が殆どですっごいホームで、若かったってのもあるけどね。


でも立ち見で、歌いながら握手が出来るくらいすぐ側にいて。





僕らが実際に呼んで、来てくれた人たちも勿論そうなんだけど、
向こうで初めて出会った人たちや、logoutのメンバーたちがノってくれてるのは、
またさらに違う喜びがあったし、ぶっちゃけかなりテンション上がってた。


pillのメンバーも、何か凄くのノってくれてたしね。
正直、あの辺のメタル派が俺らの音楽聞いてどんな顔するんだろうって
内心ちょっと焦ってはいたんだけども笑

でもなんか三田学園の子で、実は俺の友達の友達だったって言うwwww
いや当然、ライブ前は俺のことなんか知らなかったに決まってるんだけども。

やぁ、世の中狭いよね笑

うん。

緑のシャラシャラを諸事情で投げたのを、首にかけて、上に掲げてくれたのは、
実はなかなか嬉しかったよww


マイク向けたら歌ってくれるしなww
ほんと最高だよ。


それと俺らから見て、左側にいた子たち。
確か女の子が二人と、少年がチラホラ。

いやね。
結構、可愛い女の子でしたよww


うん。
そのどっちかの子に、「佐藤く~ん!!」って呼ばれたとき、
俺はホントに、「もう佐藤でいいやっ」って思ったww


結局、田中は誰が言い出したんだったかは良く覚えてないですけどね。
ピルの連中が来たのって、真ん中くらいだったと思うから、案外その辺りにいた少年かもしれない。

でもMCの時もね。
すっごい、いいリアクションをいちいちしてくれるし。

Amazingをやりますっていったときに、
「俺、その曲めっちゃ好きや~」見たいな反応された時は、

やっぱ、バンドマンは違うな~って心が震えたし、
ちょっとしたボケにも、ちゃんとつっこんでくれる人たちがいたしね笑


なにより、とある可愛い顔をした(我が家のヤタベ的な顔)少年が、
バックステージの、
それも、灘+神女+ゆっきー@ジョナス&まつなみ撮影会の、
到底入りづらい雰囲気の中に、単身足を運んで、

「すっごい綺麗な声でしたっ!」

って、言ってくれたのは本当に嬉しかった!!!!




なんかもう、嬉しかった楽しかった言い過ぎて、何か情けないけれども、
とにかく素晴らしかったのだよ。あの日は。


あの子は、ここには辿り着けただろうか・・・・
俺もライブ後で、そこまで頭まわってなかったからなぁ・・・・

今思えば、サインつきの名刺をその子にあげればよかったなあとも思ったり・・・・
てか俺、そのために作ったはずでは・・・・汗




でもやっぱね。
僕らが呼んで、そうしてきてくれた29人のお客さんたち。

29人ものお客さん(実は1人、ナベスケが来れなかったんだけども・・・)がきてくれたってことはね。
ホント僕らにとっては幸運でした。

やっぱあのスペースが埋まってるのと埋まってないのとでは全然違うんです。

あの俺ですら、リハのときはちょっと恥ずかしくて、まともに出来なかったんだからww



なんせ、あの初めの10分間の漫談から、凄くこちらのほうを向いて聞いてくれてね。

いやぁ。俺もね。
あんなに自分を話を聞いてもらえた瞬間は、かなり久しぶりなんじゃないかなってくらいだったね笑

ちゃんとしたツッコミも入れてくれてね。
私はホントに感無量でしたよ。


彼らは我々に、間違いなく安心感を与えてくれました。

何より、前方にいた近藤に到っては、ライブハウス初めてのはずなのに、
ログアウトやピルのメンバーに負けず劣らずのノリのよさだったしww

ぷぅもね。



そして、マージービートやログアウトにはね。
本当にこんな機会を与えてくれて、誘ってくれてありがとう、と言いたいですね。

何より、15分巻きのところ、10分漫談やって定刻に始めといて、
結局、15分も押してしまって本当にごめんなさい・・・・・・・m(_ _)m

時間、計った筈なんですけどね・・・どうにも時間にルーズでごめんなさい・・・・



マージーの人もホントにいい人でした。
なんか、応対の態度がいちいちでかくてすいません・・・・・

ライブ前っていつもああなるんです・・・・
また呼んでください。





その後もね。

ちょっと、QLIPのは体がオーバーヒートしてたから見られなかったけど、
盛り上がってたらしいし。


ログアウトでは、もう。
ヴァボ、近藤、俺のバカ3人衆で永遠とヘドバンしてたからなwww

いや、俺はいつも通りあいつらをなめるように見つめながら、
じっくり音を楽しむ予定だったのに、まあノリがノリだったからww

もうヘドバンなんて、何年ぶりかってくらいのあれで、
ストレッチもしなかったもんだから、向こう4日間は首がずっと痛かったよwww

でもなんか若返った気がしたね、あのときww


一瞬、松梨も一緒にヘドバンしてたって言うのがちょっと面白いよね。

瀬越とぷぅはまだまだだったなぁ~笑



そんな感じの一日でしたね。

まあその後に関してはね。


もっとわけわかんなかったですからね。




打ち上げもなしに、バンドが分散して、
リーダーほっぽって、みんなそれぞれ飯に出かけるって言うwww

精算まだじゃねえかって電話かけたら、お金だけ置いて、
「俺、みんな待たせてるから」ってハーレム世界へと瀬越は逃げちゃうし・・・・・
てか俺もつれてけや・・・

ヴァボはどうやら近藤と飯を食ってたらしくって、
どこで飯食ってるのってメールを送ったら、携帯の充電切れるし・・・・・

吉田はそそくさと帰っちゃうし。


何か俺、ライブハウス前のセブンイレブンの入り口に腰かけて、
差し入れをむさぼる様に食ってましたよwww


な~んか。
ライブは大成功だったはずなのに、なんで俺こんな惨めな思いしてんのかな~ってwww
良く考えりゃ、中でやってるバンドさんの演奏ききゃあよかったはずなんだけど、
妙に荷物もまとめちゃったし、精算も終わっちゃってたし、そういう発想が出てこなかったんだろな。

後でゆっきーに言われてはっとしたわ。やれやれ・・・・


結局ね。
妙に俺1人logoutに拾ってもらって、一緒に帰りましたね笑

ゆっきー以外のメンバーとのまともなファーストコンタクト11/3で、
まともに初めて話したの11/7で、
小前に到っては、至近距離で見るの初めてって言うww


いやぁ。
11月は面白い月ですね。

私は楽しいです。




結局その日は終電を気にしながら、甲東園の牛丼屋でゆっきーと一緒に晩餐会をやりましたww

店に入ったとき既に、23:20っていう。



まあでもライブの日に家に帰って、

「すまん、飯食ってない・・・」

って言った時の、親の反応を想像すると物凄くしゃくだったからさぁ・・・・


いやまあ貴重な経験でしたよ。





ね。
そんな長い一日だったわけです。

というわけでね。

Y・E・P Hard Rockは新曲の制作に取り掛かっておりますが、
そうですね。

次の曲は、ビリージョエルとクイーンを足して2で割ったような、
結構メロウな感じになるんではないかと思います。

これもまた、Vabo入潮の曲ですけどね。
まあそのうちにね。
山本悠作詞作曲の曲もね。できたらいいなとおもっております。


まあきっと次にお会いするのは、朝生じゃないですかね?


あの人気企画、第2弾!!
実は今、暗に計画中であります。











来週くらいかな?

拍手[0回]

PR

コメント
無題
いいなぁ…。行きたかったなぁ…。
と今しみじみ思っております。

観る側もやる側も楽しめていて
みんなで一緒につくるようなライブって
やっぱりすごくいいですね^^
【2010/11/25 16:28】 NAME[ハル] WEBLINK[URL] EDIT[]
>>ハルハル
そうそう。
ハルさんならそういってくれるかもって、ちょっと思ってた笑

うん。
なんかもうホントにエクスタシーだよね、あれはww
【2010/11/27 18:31】 NAME[Kimura] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
Twitter
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
山本 悠
年齢:
25
HP:
性別:
男性
誕生日:
1993/04/14
職業:
スター
趣味:
つり
自己紹介:
Yamamoto Entertainment ProjectことY・E・Pの代表。
灘中学→灘高校→大阪大学理学部物理学科と経て、今に至る。
音楽活動を中心に、映像分野、舞台、などの創作活動、
また2016年9月、STUDY8というオンライン学習サービスを起業し、
教育活動を並列して、熱心に行う。
バーコード
広告
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析