忍者ブログ
■Yamamoto Entertainment Project 山本 悠のOfficial Blogです。
[410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [400] [401]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、山本です。


もうずいぶん、寒いですね。


 


沖縄とか、九州に住んでいる方々は、まだ少しは暖かいんでしょうか?


僕の住む地域では、結構もう寒いです。


今日にいたっては、雨まで降る始末で、もう、外出したくないですね笑


 


残念ながら、そういうわけにもいかない身分で、


本日も用事で今から外出してきますが。


しっかりタブレットを持っていくので、ご連絡、ご質問、


いつでもお待ちしておりますよ^^


 


 


 


なんて、今日は、ちょっとしたコラムのような話を。


 

ミクロとマクロについてですね。


 


多分、「ミクロ」はご存じあると思うんですね。


比較的、良く耳にする単語なんじゃないでしょうか?


 


なんか、「ミクロの世界」みたいなね。


ちっちゃいとかこまかいとか、そういう意味ですね。


 


それに対して、マクロというのは、その逆です。


大きい、大まか、そういう意味です。


 


 


 


 


私が常々思うことがあるんですが、


この「ミクロの視点」と「マクロの視点」


どちらも持ち合わせている人は、強いな、と。


 


特にマクロの視点ですね。


これに関しては、何しか、意識することが少ないような気がします。


 


これは、受験勉強なんかでもそうですが、その後の人生についても、


何かに行き詰まることって、結構、あると思うんですね。


 


 


行き詰まるということは、


これで行くんだということで、たくさんある道の中から、


1つ選択して、そこだけに集中して、突き進むわけですから、


非常にミクロなわけです。


 


例として、数学の試験なんかでいうと、


問題を眺めて、この解き方で行こう。


と、選択してから、いろいろ、グチャグチャ計算やら、


公式使ったりやらして、ごちゃごちゃ突き進むわけですね。


視線は、もう、今作業をしている、その式にしか、向いてないわけです。


 


非常にミクロですよね?


 


 


ところが、これで、うまくいくことばかりかというと、


そうでもなくって。


残念ながら、行き詰ってしまうことがあります。


それはもう、人生なんかでも一緒で。


 


ここで可能性は2つ。


 


 


 


 


 


 


 


①計算力などの状況突破力が足りない。


 


 


 


②はじめの解法の選択が、そもそもの間違い。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


ところが、この②の要因にたどり着く人は、比較的少ないです。


ここまでやったんだから・・・というような、心的要因も多分にはあるでしょうが、


 


なかなかぐっとのめりこむと、そこから抜け出せなくなってしまうものなんですね。


それで、なんか、イイ公式はなかったものかと、


①の方ばかりで悩むわけです。


 


 


 


そう。ここで、大事なのは、マクロの視点なのです。


 


ぐっと、一息置いて、全体を見渡してみて、ううむ、と。


はたして自分がこの問題をとけないのは、①のせいか②のせいか、


じっくり、「大局的に」流れを考える。


 


 


①のせいならば、継続して、がんばるのか、


 


②のせいならば、別のアプローチがなかったものかと。


 


それとも、そもそも目的は点数を取ることなのだから、


他の解けそうな問題を解いた方がいいんじゃないのか。


 


とか。


 


無駄な時間を使っているように、思いますか?


でも、本来の答えには、これで確実にぐっと近づいているわけです。


 


間違った道を、ずっと突き進んだところで、永遠にたどり着くことはないわけですから、


これこそが時間の無駄ということです。


 


 


先の見えない一本道を、わからないまま突き進みたいですか?


できることなら、1瞬でも高いところにあがって、


全体を見渡したいですよね?


 


 


これが、マクロの視点ってやつです。


 


 


 


 


これが、出来る人は、何より、メンタル的な部分で優位に立てることが多いです。


たとえば、テストで悪い点を取った時に、


自分の立ち位置を分かっているので。


目的を設定して、自分に足りない部分を把握し、効率的にそれをひとつずつ潰していく。


今は、これとこれは、まだやってないんだし、点が悪いのは妥当だ。


むしろ、事前に勉強していたところは出来てるし、よかった。


そういう思考に、なりやすいですね。


 


視野が狭い人は、点数が悪い→俺はダメだ・・・


と、直結してしまって、そこで、追い詰められていきます。


 


何故、点数が取れないのか?


ではいつまでに、何を、補えばいいのか?


それは間に合うのか?


間に合わないなら、志望校を変えるのか、


それとも頑張って間に合わすのか?


 


大事なのは、こういうところなわけです。


 


 


受験勉強をやっていくことの目的は、


当然、目標の学校に受かることなんですが、


その人の人生において、こういったことを自分で日々考えながら、


目標に向かって、戦術戦略をたて、生活していく、というのは、


大変、貴重な経験、鍛錬になると思います。


 


この先、何かで行き詰った時に、マクロだ!と。


ふっと一息ついて、全体を見渡してみて、


なにか大事なことを忘れてやいないか?


そもそも、なんで、こんなことになったんだ?


 


と。


 


 


 


 


かといって、もちろん、ミクロも大事なんですけどね。


 


おおまかにはわかってるから俺はいいんだ、といって、さぼって、


いざ現場へ行くと、具体的に何をしていいかわからん、と。


 


 


こういった方も、いわゆる悟り世代には多いですから(笑)


 


 


 


 


ミクロあってのマクロ、マクロあってのミクロ。


 


この両方の観点がどうか身につくよう、我々も、強く意識しながら、


STUDY8では、指導にあたっていければいいなと、思っています。


 


 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
Twitter
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
山本 悠
年齢:
24
HP:
性別:
男性
誕生日:
1993/04/14
職業:
スター
趣味:
つり
自己紹介:
Yamamoto Entertainment ProjectことY・E・Pの代表。
灘中学→灘高校→大阪大学理学部物理学科と経て、今に至る。
音楽活動を中心に、映像分野、舞台、などの創作活動、
また2016年9月、STUDY8というオンライン学習サービスを起業し、
教育活動を並列して、熱心に行う。
バーコード
広告
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析