忍者ブログ
■Yamamoto Entertainment Project 山本 悠のOfficial Blogです。
[309] [308] [306] [305] [304] [303] [301] [300] [299] [298] [297]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どーも、どーも!
いやぁ、なんとも不安定な夜を過ごしております山本 悠です。

皆さん、お元気ですか?


僕がかつて、ブログをまともにやっていた頃は、
日々生きるごとに思いつくことがあれば、とりあえず記事にしていたものですが、
最近は、Twitterとかいう便利ツールでパパッと済ませてしまうことが多くなってしまっていますね。

こいつはいかがなものなんでしょうか、ねぇ。


いやまあ、140字以内に収めるといった醍醐味があってそれはそれで面白いんだけど、
なんかこう展開のある文章を書く機会が最近失われていて良くないと言うか、

俺の嫌いなインスタント社会に、加担してしまっているようで、なんか嫌なんだが、
それに関しては、うまいこと両立できたらいいなと思う。




何せ、不思議なことに、時間がないんだ。
果たして、どこに奪われているんだろうか。

寝すぎか?
元々、冬に活動できないタイプなのは確かなんだが・・・


帰ってきてすぐにPCを使おうにせよ、
まずは1時間ほど部屋を暖めないと、起動してくれないっていう・・・・


なんか、パソコン使うのにも適温があるらしくってさ。
熱くても寒くてもいかんのだけど、

これがまたぼろくなってくると、
信じられないくらいに、電源が入らない・・・

貴様は、大昔のテレビかっ!て言いたくなるよね。



そしたら、暖めてる間に寝オチってパターンがほとんどなわけよね・・・








ともかく、俺のやりたいことってのは、すべからく時間のかかることばかり。
それも、精神的余裕のある状態で、心と頭をフルに稼動させなきゃ出来ないわけだ。

ほんと、まいっちまうよな。
とにもかくにも、焦らないことかなって気はするけどね。




俺の長年ぶつかり続けている壁、
「時間的制約」と「誰かと何かをするということ」


最近は、
計画性どうこうと言うよりは、焦りすぎないことって気がするかな。

きっと、3年前よりは、マシになってると思うよ。






ただ、本当に今日の話だけど、
TSUTAYAで借りたものを延滞したことなんてただの一度もなかったんだけど・・・・

高校のときなんてギリギリで思い出して、
1限と2限の間の休み時間で返しに行ったこともあったし・・・・
夜中にバスと電車と徒歩を乗り継いで、両親に怒られたこともあったかな?


でも、昨夜DVD見ながら寝落ちして、
起きたら10:10でOut!!


800円で1週間借りたものが、20分の延滞で2000円取られるっていうミラクルね。
もう当分、あの店には行きたくないもんな。

なんか新手の詐欺に合った気分だし・・・
まあ、悪いのは全部俺なんだが・・・


それ考えると、俺やっぱり堕落しとるんかなと思わんでもないし・・・

ある程度稼ぐようになったとはいえ、まだ親のすねかじっとるし、
クリスマスプレゼント呼ばわりしてこの前服も買ってもらったし・・・

やはり、貯金もしておきたいしな・・・




自分の生きる意味なんて、生きてるうちに結論出すのはおこがましいと思ってるから
俺は考えたことはないけども、
ある程度の使命は持って生きてるし、生きようと思ってるけど、

今のままじゃ、誰の心も動かせないだろうと思うし、
いま一つ説得力がない。

俺の場合、知る人ぞ知るじゃ意味がないんだけど、
とはいえ、見掛け倒しになるつもりもない。

そうなると、地道に頑張るしかないんだよな。






しかし、何を頑張ろうか。




俺は、必ず、努力は報われるものだと思っている。
それは、自分の想いとは必ずしも違うかもしれないが、
そこに迷いがない限り、何かしらではどうやら報われるらしい。

この1年間は、特に、そう思わせられることが続いた。



あるオッサンは、俺にひとつの言葉を残した。


「人前の努力は人が助ける。陰の努力は天が助ける。すなわち、運なり。」



と。











まず、はじめに、


「アンタは一体何者なんだ!!」
と言う言葉を飲み込み、
なるほど。

確かに、その通りである。

思えば思うほど。


この言葉を聞いてから、
自己満足といわれても仕方がない振る舞いに従事し、
俺はより一層、他の誰かが自分に起こした何気ないアクションに、
出来る限りインスピレーションを感じ、自分のアクションに反映させることに尽くした。

ある女は言った。

「この世に偶然はない。あるのは必然だけ。」














漫画でゴメン。

さて、閑話休題。



そうなると、問題は自分の持つイメージとなってくる。

俺は一体、何になりたいのか?




その辺が、未だに、ブレブレなんだよな、俺ってヤツは・・・・




そりゃあいくつかの信条はあるよ?

だから、その点では報われてんだよ。
結局俺が報われてない部分ってのは、迷いがある部分でしかないんだ。



つまり、そういうことだろう。



思えばあの子が心を許したのは、あの子に関して1mmも迷っていない俺だった。
そしてあの子が心を拒んだのは、あの子に関して迷ってしかいない俺だった。

まさに、今も、そうだ。





勿論、状況は日に日に難しくなっていっている。
だがしかし、そもそも勝負しに行く明確なビジョンが俺にはない。

俺の中で確かなのは、
俺があの子にY・E・Pに戻ってきてほしいこと、
そして、あの子を必要としていること。

最もシビアに考えれば、
確実と言えるのはこのふたつだけなんじゃないかと思う。


それが、何故か?
といわれたら、俺は答に詰まる。


理由が山ほどあるから。
それもあるが、それだけではない。

俺は結局、あの子との関係がおかしくなった、
一昨年のあの日から、
ずっと答を迷っているのではないだろうか・・・・

そしてそれは、自分に自信が持てないことと少なからず近似している。



俺があの子に言ってきたことといえば、それはまるで、手を変え品を変えと言ったような・・・
これでは、信用もへったくれもあるかよ・・・

ただ。
俺は、あの子と共にいるときに、
この上ない幸せと安らぎを感じ、
そしてベーシストとしての可能性を誰よりも強く信じ、期待していた、と。

このふたつこそ、先述のふたつの理由となるに最もふさわしいかもしれない。
それ以上のことは、確実には何も言えない。

俺には経験もなければ、人の経験を聞いてまだ100%納得も出来ないから。


これでも最近は、まだ、融通がきくようになってきたもんさ。







今回は、出来るだけその辺の気持ちに忠実に曲を作ったつもりだけどね。
そもそも今回は詞先だったし。

その辺がちゃんと届いてくれればいいんだけど、
俺の音楽家としての才能が試されてるってわけだ。

それよりもまず、聞いてくれたかどうか・・・




CDをプレスするにあたって、
ジャケットはサヤ坊に書いてもらった。

曲が録り終わったのが前々日だったから、そこからお願いして、仕上げてもらった。
とても素晴らしい出来で、本当に感謝している。


いきなり無理言って、
レコーディングとミックスをやってくれたスタジオ8の木下さんにも、
深く感謝です。

なのに、それが一転、
最近スタジオに出向いてないってだけで、
iPad泥棒の第一容疑者になっているのは、とても哀しいことだけれど・・・







まあ色々あるさ。

レコーディングをやってみて思ったのは、
やっぱり短時間では録れないなってことかな。


今回俺は、バックトラックはすべて自分で打ち込んだから、
Vocalしか(それも、俺には珍しくコーラス無し)録らなかったけど、
2時間じゃ、足りなかったみたい・・・・

そもそも、曲が13分もあるのが問題なんだけどね・・・




曲が完成したのが、レコーディング前日だったとは言え、
ブレスのタイミングであるとか、音程のずれ・・・

かといって、俺らしさは出さなくちゃいけないし・・・




あと、レコーディング!ってなると、やっぱ緊張するのな笑
困ったもんだよ。


あとはマイクともっと相思相愛にならなくちゃって感じかな。
そもそも俺、マイク嫌いだから・・・


まあレコーディング風景は山本悠の朝まで生テレビで検索したら、
録画が残ってると思います。




でもやっぱ、根本的に歌の練習はしなきゃいかんみたいかな・・・
発声とか、最早そういうことではなくて、

俺、モノマネだったら、いつでもうまく歌える自信はあるし、
それに自分の解釈をプラスすることくらいなら余裕だと思う。


ただ、それがこう、オリジナルの曲ってなった時に、
元歌がない分、俺がちゃんと考えなきゃいけないところを、
同じような感覚でやるから、結局いつも失敗してるんだろうな・・・

要するに、もっと歌いこみなさいってことなんだけど・・・


ある程度地盤を形成してからの、+LIVEでの即興性なんだかな。






だからこう、今までLIVEのたびに、
SET LIST総替えとかわりとCrazyなことをやってきたけど、
まあそれは勿論、いろんな可能性を試したり示したりしたかったからなんだけど、
もう少し、ある程度のタームをもって、固定する部分がいくつかあってもいいのかなと思ったりはするかな。

今のままでは、“持ち歌”があるとはいえない状態・・・

昔バンドでやってた曲ぐらいじゃないかな?



でも本当に、「君の空」なんかも、結構な頻度で毎回やってて、
何回目かでやっと気づいたからね。

ある種のこの曲の正しい歌い方と言うか・・・











ああ。
今回見た映画は、結構どれもおもしろかったですよ。

ニック・ノルティはなかなか渋い役者だなと言うこともわかったし。
48時間の時は、イマイチそのよさがわからなかった・・・(吹き替えだったからか?)



ウーピー・ゴールドバーグは相変わらず頭イカれてた笑





ソフィー・マルソーは相変わらず天真爛漫で、
シュワルツェネッガーはマッチョだった。





でも、今回一番の当たりは、
「Somewhere in Time」かな~。

なんか、どうやら、俺はユニバーサル制作の人間ドラマに弱いみたいで・・・



映画における感動ってのは、
別にストーリー云々じゃないんだよな~。

そりゃ、ストーリーも重要だけど、第一じゃないもんな。
方向性さえしっかりしていれば。


あの、写真の妙な魅力というか、
でも、最初に見たときと最後に見たときじゃ、
写真の魅力が全然違うもんな。

今、あの写真を見たら、多分泣いてしまいそうになるし・・・・




改めて俺は、ただの美人には興味がないと思ったし。
ただの美人は、写真で見て満足なんだよな。

でも、それだけじゃ満足できないと思うのは、
やっぱその人の人間性に触れたからなんだろうな。


あるいは、その人の人間性が如実にあらわれた何かであるとか・・・


俺はとても、わかりにくい展開で、スクラップのようにこの映画の感想を書いているけども、
残念ながら、おそらく、これでは、俺がなにを言いたいかはわかるまい・・・

しかも、別に深い意味はない。
言いたかっただけ笑



それにしても、最近のDVDには監督の解説付きで本編とかが見られたりするじゃん。

あれは本当にいいよね。
色々話してくれるし、とても勉強になるよ。









そんなこんなでとりあえず、告知です。

2月16日にマージービートで、
我が恩人たるSTARさん率いるTHE ROYALCHAiNSやら、
台湾で人気のASTRO ATTACKやら、
スタジオ8の重鎮、ノン助率いるジャッカロープスやらが出るイベントがあるのですが、

先日、Y・E・Pも出ようと思って、出演交渉をしてみたら、
もう、枠がいっぱいだとあえなく断られまして・・・


悔しくなったので、
久々に『キモ面ズ』として出動することに致しました!!



というわけなので、
キモメン・ザ・ストリート自殺ライブVol.2が、
19時以降に行われます。

場所は、マージービートの近くの公園です。



ちなみに、先述のサヤ坊も来る予定です。

他の出演者も、随時募集中!!!



まあ、そのうち、浅田師範や、海苔巻リーダーからも、
伝達があると思います。

乞うご期待!!!











そして、来る3月未明、
ついに禁断のあのユニットが解禁されます!!

その名も、
Yep the party with T(仮)!!!



これこそが、今水面下でじわじわと計画が練られているニュープロジェクト、
Y・E・P山本と、DJ(Dust Japanese)田代氏による、
フルエレクトリックなんでもユニットであります!!


田代氏が十数年にわたって温めてきた楽曲に、
言葉を乗せて私が歌う、叫ぶ、舞う!


是非とも、乞うご期待!





そして、忘れてはいけないY・E・P Alone...によります、
Y・E・Pの部屋もいよいよVol.6.

久々に初心に帰りまして、
全体を通してストーリー性のあるパフォーマンスを、
4月9日にWynter Landで行う予定です。




是非とも、乞うご期待!








今のところ、こんなもんですかね。

他にも、実は頭の中で温めている企画が山のようにありまして、
それもぼちぼちはじめて行きたいんですね。

なんせ、Y・E・Pは数あるEntertainment Projectの集合体ですから。




最後に、スタジオ8とのことですが、
こちらはあまり進んでいないのが現状ですね・・・

一応、放送局の名前は決まったのですが、
おやおや・・・

もしかして、何をするかってことすら、まだ話してないんだっけ?笑




そちらも乞うご期待!っと。







そんなこんなで、
今日は、最近のライブ映像でお別れです。



Chao!



拍手[2回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
Twitter
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
山本 悠
年齢:
25
HP:
性別:
男性
誕生日:
1993/04/14
職業:
スター
趣味:
つり
自己紹介:
Yamamoto Entertainment ProjectことY・E・Pの代表。
灘中学→灘高校→大阪大学理学部物理学科と経て、今に至る。
音楽活動を中心に、映像分野、舞台、などの創作活動、
また2016年9月、STUDY8というオンライン学習サービスを起業し、
教育活動を並列して、熱心に行う。
バーコード
広告
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析