忍者ブログ
■Yamamoto Entertainment Project 山本 悠のOfficial Blogです。
[408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [400] [401] [399] [398]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「人間は考える葦である」


 


と言ったのは、パスカル大先生でしたか。


 


 


このおじさんは本当に偉かったんですね。


数学に物理学に人間学に、挙句の果てには、キリスト教の神学者でもありました。


まぎれもない天才です。


 


さぞかし考えたのでしょう。


39歳でこの世を去りました。


 


少し、生き急いだんですかね。


 


 


 


 


 


 


 


さて、近年、考えることのできない若者が増えている、と、


そう耳にしますが、


 


果たしてどうなのでしょうか?


 


 


 


 


仮に、若者の側に立って言うのであれば、


言いたいこともあります。


 


しかし、それは、「大衆とマスメディア」の関係などと、


やや、本論から逸れるので割愛します・・・


 


 


 


では、決定的な違いは何か?


 


現代の人々には、あまりに情報が溢れすぎて、競争が増し、脅迫観念に苛まれ、
結果、考えるための心の余裕が不足しているのではないか?


そう思うのです。


 


そしてこれは、若い人に限ったことではないように思います。


強いて言えば、かつて、考える習慣を持っていた人たちは、


マシ、というくらいのもので・・・


 


時間的にも、経済的にも、


なるべく無駄を切り詰めたい・・・効率的に、効率的に・・・


すると、「じっくり考える」ということをすることによって、


わたしはこうして立ち止まっている。


その間、周りから遅れていってしまうのではないか・・・と、


そのような、焦りを感じるんですね。


 


そして、ファッションに迎合し、ただひたすら、消費するだけの世の中になってゆく。


 


それが一番、手堅い方法だということです。


かつて、「最小不幸社会」というのを掲げた首相がいましたが、


そんなところでしょうか?


 


 


 


 


「使い古す」だけで、「産み出す」ことがないから、


殺伐としてしまって、虚しくなる。


 


そんなところでしょうか。


 


 


産み出すには、じっくりと考えるよりほかはないんですね。


 


じっくりと考えるからこそ、本質が見える、感動し、深く記憶される。


 


もしあなたが今、真っ暗な部屋に閉じ込められて、身動きが取れますか?


横から風を感じれば、そちらが、出口か・・・


実は今、上から出口まで、はしごがたらされているのに、


横へ動けば、10000m上空から、大落下という状況かもしれない。


 


焦らず、携帯のライトでも、照らせば助かったかもしれませんね。


 


視覚というのも、何気ないようで、「知覚」の一種です。


鼻が全く利かない人が、カレーと「カレーによく似た何か。」が並んでいて、


どちらかを食べようと思いますか?


 


「理解る」からこそ、次の一歩が踏み出せるのだ、ということ。


そのためには、直感では、なんとかならないこともある。


では、考えなければ・・・


 


 


 


とはいえ、じっくり時間を使うことばかりがいいのではありません。


人間に残された時間は有限です。


 


それでも、パスカルは、たった39年で、あれだけの発見を残したのですから、


焦ることはないのかもしれませんが・・・


 


試験だって、制限時間があるわけですしね。


無限の時間を得るためには、それなりの、特権が必要ですから・・・


 


 


ある程度の無駄を省く必要はあります。


「効率的」であることは、確かに大事なんですね。


 


 


ただ、その省くところが、「考える時間」にならないようにする、ということ。


これがすごく大事なのかなと思います。


 


「急がば回れ」・「善は急げ」と言いますが、


私に言わせれば、「急がば、急ぎながら、回れ」ってなところですかね?


 


分けちゃいかんな。


 


本当に、もったいないですよ。


考えることで、どれほどに、自分の潜在能力が引き出される可能性があるか。


考えることで、その都度、どういった努力をすべきかという解が導き出されるわけですから。


結局、これからの時代、肩書以上に、


能力のあるなしで、決まってくるようになるだろうと、私は思っています。


(それと、体力と根性。)


 


多分ね、日ごろの生活において、他に削られることはあるはずですからね。


考えることを、是非ともケチらないでほしい。


若い人であればあるほど、将来につながるのだと信じて。


そこは、時間と体力を投資してみてほしい部分ではありますね。


 


 


 


もちろん、その考えるトレーニングとして、とっても素晴らしいものってのが、


いわゆる「学校の勉強」ってなわけですね。


もちろん、他のことから学べないのか?と言われれば、そんなことはないのだけれど、


こいつら、題材としては、非常に優れていて。


そりゃ、微分積分なんて、今後の生活に必要ないじゃん・・・


とかいう人は多いわけだけど、


大事なのは、そこから何を学べるか・・・というわけで。


 


与えられたツール(公式)を、選択して利用し、活用する(問題を解く)能力であったり、


そこにあるロジックであったりとか、マクロの視点、ミクロの視点、ウンヌンカンヌン・・・


 


スポーツ選手が筋トレをするように、


まずはがむしゃらにやるんですね。


 


あとは。


1人で立ち向かってもどうしようもならないときがあります。


 


そういったときに、助けてくれる誰かを見つけておくことです。


 


トレーナーみたいなものですね。


昨今の、スポーツ選手の軒並み記録更新というのは、


スポーツ科学の進歩によるものも大きいと言われています。


 


本人の努力と、それを支えるだれか。


 


 


 


ところで、STUDY8って、ご存知でしょうか?


1日200円~でいつでもどこでも、


高学歴の講師陣が、24時間どこにいても、効率的にサポートと言えば・・・


 


まずは、HOME PAGEをご覧になってみてください。


 


ここまで読んでくださったあなたなら、


きっと、興味を持っていただけるのではないかと思います。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
Twitter
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
山本 悠
年齢:
24
HP:
性別:
男性
誕生日:
1993/04/14
職業:
スター
趣味:
つり
自己紹介:
Yamamoto Entertainment ProjectことY・E・Pの代表。
灘中学→灘高校→大阪大学理学部物理学科と経て、今に至る。
音楽活動を中心に、映像分野、舞台、などの創作活動、
また2016年9月、STUDY8というオンライン学習サービスを起業し、
教育活動を並列して、熱心に行う。
バーコード
広告
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析